2019年度JLTA全国研究大会9月12日、13日/2019 Annual Conference on September 12 and 13

2019年度全国研究大会について

2019年度全国研究大会は,2019年9月12日(木)、13日(金)に新潟青陵大学(新潟県新潟市)で開催されます。

http://www.n-seiryo.ac.jp/access/

 

Regarding the 2019 Annual Conference

The 2019 Annual Conference is scheduled to take place in September 12 (Thursday) and 13 (Friday), 2019, at Niigata Seiryo University in Niigata City, Niigata Prefecture.

http://www.n-seiryo.ac.jp/english/access/index.html

 

オンライン投稿審査システムの導入、Introduction of the Online Submission and Review System

日本言語テスト学会 オンライン投稿審査システムの導入について(お知らせ)
Introduction of the Online Submission and Review System

日本言語テスト学会では、平成31年度より「オンライン投稿審査システム」を導入することになりました。このシステムは、平成26年度から学会業務の一部を委託してきた国際文献社が持つもので、投稿と査読の過程がオンライン上に記録されます。さらに、学会誌のさらなる質の向上を目指して、既に出版された論文のデータベースを使った投稿論文の剽窃の確認や、著者による論文の匿名化の再確認もシステムの中で行っていきます。国際誌ではこのようなシステムは一般的ですが、国内誌では一部にとどまり、慣れていただくのにお手間を頂戴いたしますが、どうぞご理解の程よろしくお願いいたします。

詳細は、日本言語テスト学会 オンライン投稿審査システムの導入について(お知らせ)
をご参照ください。

We are pleased to announce that JLTA is going to introduce an “Online Submission and Review System” from the 2019 academic year. This system is organized by the International Academic Publishing Co., Ltd., which JLTA has commissioned part of JLTA’s administrative work since 2014. Within this system, all submission and review processes will be recorded online. Furthermore, to improve the JLTA Journal’s quality, submitted manuscripts will be checked for plagiarism using a database of published articles and for anonymity using human resources. The newly introduced system is similar to what international journals employ but may not be common to journals published in Japan. Thank you in advance for your understanding of the new online system.

See for details Introduction of the Online Submission and Review System.

 

執筆要項 Journal Guidelines (Updated on March 15, 2019)
前の執筆要項との違いが分かるファイルはこちら (see this file for differences from the previous guidelines).

ジャーナル・テンプレート Journal Template (日本語版 English version

 

JLTAシニア会員の設立 / Introduction of JLTA senior membership

2019年度より、会員種別は以下になります。

会員種別 年会費
一般会員 8,000円
学生会員 5,000円
シニア会員 5,000円(2019年4月より)
賛助会員 50,000円(一口)

シニア会員の詳細については、「JLTAシニア会員規程」と「JLTAシニア会員申請書(書式1)」をご覧ください。

 

We are pleased to announce that JLTA is going to introduce “senior membership” from the 2019 academic year.

Membership Fees (yearly)
Regular membership : 8,000 yen
Student membership: 5,000 yen
Senior membership : 5,000 yen (from April 2019)
Institutional members (per unit): 50,000 yen

国際言語テスト学会 実施ガイドライン 日本言語テスト学会訳 を公開

第48回日本言語テスト学会研究例会 2019年3月1日

[48th_research_meeting]

【日時】 2019年3月1日(金)13時00分~16時30分

【場所】 早稲田大学早稲田キャンパス14号館604教室

(https://www.waseda.jp/top/access)

 

【テーマ】 「大学英語ライティング授業における要約作成指導と評価」

英語アカデミック・リテラシーにおいて英文の要約を英語で書く力は不可欠ですが、日本人大学生の要約ライティング力のレベルや特徴に関する研究結果や、評価を教室での指導にどうつなげていけばよいかに関する情報は必ずしも十分ではありません。本研究例会では、日本人大学生を対象とした要約ライティング評価に関する実証研究事例とワークショップを通して、アカデミック・ライティング授業における要約ライティング評価と指導の方向性について参加者の皆様と考えます。(使用言語:日本語)

 

【日程】

受付開始:12:30

開会行事:13:00~13:05

開会の辞 JLTA会長 渡部良典(上智大学)

 

第1部:研究発表 13:05~14:10

1.13:05~13:20 澤木泰代(早稲田大学)

「アカデミック・ライティング授業における要約作成指導と評価の課題」

2.13:20~13:45 澤木泰代(早稲田大学)

「日本人大学生の要約ライティング力~要約内容の評価~」

3. 13:45~14:10 石井雄隆(早稲田大学)

「キー入力記録と刺激再生法を用いた技能統合タスク遂行プロセスの分析」

 

休憩:14:10~14:25

 

第2部:ワークショップ 14:25~16:25

澤木泰代・石井雄隆・太原達朗(早稲田大学)

「分析的尺度を使った要約ライティング評価」

 

閉会行事:16:25

 

懇親会:17:00~19:00

 

【参加費】 会員および学生は無料。それ以外の方は500円

【参加申し込み】 参加を希望される方は、2月26日(火)までに

下記の問い合わせフォームにてご連絡ください。

https://goo.gl/forms/j1M3B3PfvHj3fsCx2

【問い合わせ先】 澤木泰代(早稲田大学) ysawaki@waseda.jp

※本研究はJSPS科研費(基盤研究C JP16K02983)の助成を受けたものです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

Lecture by the JLTA Best Paper Awardee and JLTA General Business Meeting; JLTA最優秀論文賞受賞者講演会と総会の開催

JLTA最優秀論文賞受賞者講演会と総会の開催について

(PDF version)

 

2018年10月15日

日本言語テスト学会 会員の皆様へ

 

日本言語テスト学会

会長 渡部良典

 

9月6日発生の北海道胆振東部地震の発生に伴い,9月9日に北海学園大学で予定されておりました,JLTA最優秀論文賞授与式とJLTA総会の開催が中止になりました。それに伴い,JLTA最優秀論文賞受賞者講演会と総会を以下の日程で開催いたします。多くの方にご参加いただけますよう,よろしくお願い申し上げます。

 

 

場所:中央大学後楽園キャンパス 6326教室(http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

日時:2018年12月1日(土)

17:00~17:30  2017年度JLTA最優秀論文賞受賞者講演会

ポール・ウィキン氏(名城大学准教授/名古屋大学大学院)

The Assessment Beliefs and Practices of English Teachers in Japanese Universities

17:45~18:15  JLTA総会

費用:無料

 

問い合わせ先:横内裕一郎(JLTA事務局次長・弘前大学  u16yoko@gmail.com

備考:事前の予約などは必要ありません。講演会はJLTA会員でない方でもご参加いただけます。

 

以上

 

Lecture by the JLTA Best Paper Awardee and JLTA General Business Meeting

 

October 15, 2018

Dear JLTA Members

 

As a result of the earthquake in Hokkaido which occurred on the 6th of September, we were left with no choice but to cancel the 2018 JLTA Best Paper Award Ceremony and JLTA General Business Meeting scheduled to take place on the 9th of September at Hokkai-Gakuen University. Please find below the important items with respect to a lecture by the JLTA Best Paper Awardee and JLTA General Business Meeting. I look forward to seeing you there.

 

Sincerely yours,

Japan Language Testing Association (JLTA), President

Yoshinori Watanabe

 

Lecture by the JLTA Best Paper Awardee and JLTA General Business Meeting

 

Venue: Chuo University, Korakuen Campus, Room 6326 (Building 6, 3rd floor)

Date: December 1, 2018 (Saturday)

17:00―17:30  Lecture by the JLTA Best Paper Awardee

Paul WICKING (Meijo University/Nagoya University Graduate School of

International Development)

Title: The Assessment Beliefs and Practices of English Teachers in Japanese

Universities

17:45―18:15  JLTA General Business Meeting

Attendance fee: Free

 

Inquiries: Yuichiro YOKOUCHI (JLTA Vice Secretary General/Hirosaki University  u16yoko@gmail.com

Notes: There is no need to register in advance. Anyone interested can attend JLTA General Business Meeting.

 

 

第22回全国研究大会は中止となりました / Cancellation of the 22nd Annual Conference of the Japan Language Testing Association

Conference program: 中止情報入り完全版 (Full program with cancellation information)

2019年度全国研究大会は,2019年9月上中旬頃(11日と12日で現在調整中。4月決定予定)に新潟青陵大学(新潟県新潟市)で開催予定です。

The 2019 annual conference will be held in the early September (around September 11 and 12; to be decided in April, 2019) at Niigata Seiryo University in Niigata.