研究例会

第53回日本言語テスト学会研究例会

 

【日時】 2021年10月23日(土)13:50~17:30

【場所】オンライン(ZOOM使用予定)

【テーマ】 多様な発話の分析方法およびテスト検証への応用について

【概要】 近年、パフォーマンステストの検証において、発話データの活用が注目されています。しかし、発話分析に用いられる指標は、正確さ・流暢さ・複雑さ (CAF) などに限られる傾向があります。本例会では、CAF以外の分析方法及びテスト検証への応用例をご紹介します。また、発話データを実際に分析することを通して、発話分析についての理解を深め、テスト検証の視点を広げることを目指します。

 

【日程】

  • 13:30~   受付開始
  • 13:50~14:00 趣旨説明・講師紹介 (周 育佳, 東京外国語大学)
  • 14:00~15:00 Textual analysis (Dr. Noriko Iwashita, The University of Queensland)
  • 15:00~15:15  休憩
  • 15:15~16:15 Functional analysis ( Fumiyo Nakatsuhara, CRELLA, University of Bedfordshire)
  • 15:15~15:30  休憩
  • 16:30~17:30 Interactional analysis (Dr. Daniel M. K. Lam, University of Glasgow)

 

【申し込み】 参加を希望される方は、10月 16 日(土)までに下記の申し込みフォームにてお申し込みください。

https://forms.gle/6GJnkHqDrHfLZsV69

お申し込みされた方に10月20日までにZoom MTG 情報をお送りします。

 

【参加費】無料

【使用言語】日本語と英語

【問い合わせ先】周 育佳(東京外国語大学) zhou_yujia@tufs.ac.jp

 

53rd Japan Language Testing Association (JLTA) Research Meeting

 

  • Date and time: October 23, 2021 (Sat) 13:50~17:30
  • Platform: Online / Zoom
  • Theme: Analysis of spoken data and their applications to test validation
  • Abstract: In recent years, there has been increasing interest in using performance data in test validation. The measures used for analyzing performance data, however, have been mainly focused on accuracy, fluency, and complexity (CAF). In this research meeting, participants will learn other types of analysis methods and gain experience through hands-on practice. We expect this would contribute to expanding our perspectives on how to validate performance tests.

 

  • Schedules
  • 13:30~ Zoom reception starts.
  • 13:50~14:00 Introduction of the meeting and the lecturers (Dr. Yujia Zhou, Tokyo University of Foreign Studies)
  • 14:00~15:00 Textual analysis (Dr. Noriko Iwashita, The University of Queensland)
  • 15:00~15:15  Break
  • 15:15~16:15 Functional analysis ( Fumiyo Nakatsuhara, CRELLA, University of Bedfordshire)
  • 15:00~15:15  Break
  • 16:30~17:30 Interactional analysis (Dr. Daniel M. K. Lam, University of Glasgow)
  • Registration: Please register through the link by October 16 (Sat). (https://forms.gle/6GJnkHqDrHfLZsV69) by October 16 (Sat).
  • Zoom MTG information will be sent to those who have registered by October 20.
  • Admission: Free
  • Language: Japanese and English
  • Contact: Yujia Zhou (Tokyo University of Foreign Studies) zhou_yujia@tufs.ac.jp

小泉利恵科研プロジェクト第2回例会 (共催:日本言語テスト学会)
第52回日本言語テスト学会研究例会

ご講演の先生方、ご参加の皆さまありがとうございました。

例会の全体のまとめと質疑応答 [PDF] とスライド [下参照] を公開いたします。

【日時】2021年2月14日(日)午前9時30分から午後4時10分まで

【テーマ】英語スピーキング評価における採点方法の改善(Part 2)

【概要】スピーキング評価において、タスク・ルーブリック・採点は特に考慮すべき要素です。本例会では、採点者や採点トレーニングなどの採点方法に焦点を当て、国内の教室内評価や大規模テストを含む様々な文脈においてスピーキング評価に携わる方から運用や課題についてお話を伺い、今後の日本のスピーキング評価について議論します

【日程】

開会行事:9:30~9:35 開会の辞 中村洋一(清泉女学院短期大学・JLTA副会長)

趣旨説明・講演者紹介  9:35~9:45 小泉利恵(順天堂大学)[PDF1 報告1・2と同じ]

 

講演1:9:45~11:00  大規模スピーキングテストにおける採点の運用と課題

講演者:井上千尋(University of Bedfordshire)[PDF2]

 

講演2:11:10~12:25  信州英語プロジェクトにおける教室内スピーキングテストと採点者信頼性

講演者:酒井英樹(信州大学)[PDF3]

 

講演3:13:15~14:30  教室内技能統合型スピーキングテストにおけるルーブリックと採点

講演者:平井明代(筑波大学)・横内裕一郎(弘前大学)[PDF4: 平井先生(2月23日改訂); PDF5 横内先生]

 

プロジェクト報告1:14:40~15:10  高校の教室内スピーキングテストにおける採点に関する課題

小泉利恵(順天堂大学)・渡邉聡代(栃木県立宇都宮南高校)・初澤晋(宮城県石巻高校)・磯部礼奈(宮城県石巻高校)・松岡京一(宮城県石巻高校)

プロジェクト報告2:15:10~15:40 高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成に向けて

小泉利恵(順天堂大学)・深澤真(琉球大学)・横内裕一郎(弘前大学)・井上千尋(University of Bedfordshire)[PDF1 上の趣旨説明と同じ]

 

 

Koizumi Kaken 1st Research Meeting (Jointly organized by Japan Language Testing Association: JLTA)
51st Japan Language Testing Association (JLTA) Research Meeting

Thank you for the participation in this meeting.

Date: November 22 (Sunday), 2020 (10:00-17:00, Japan Time)

Presentation slides

<Introduction>

Introduction Slides

 

<Lecture 1>

10:45-12:00  Scoring spoken performance in large-scale language testing programs in China

Lecturers: Jason Fan (University of Melbourne, Australia), Jin Yan (Shanghai Jiao Tong University, China)

Lecture 1 Slides 1

Lecture 1 Slides 2

 

<Lecture 2>

13:00-14:15  Implementing and rating a new peer-to-peer assessment of speaking skills in New Zealand

Lecturer: Martin East (University of Auckland, New Zealand)

Lecture 2 Slides

 

<Lecture 3>

14:30-15:45  Teacher ‘rater’ training in Hong Kong and Australia: Different contexts, same problems?

Lecturer: Chris Davison (University of New South Wales, Australia)

Lecture 3 Slides

Two URLs used in the lecture:    http://teal.global2.vic.edu.au/

https://www.hkeaa.edu.hk/DocLibrary/SBA/HKDSE/Eng_DVD/sba_definition.html

Reference:

Phung, D. V. (2018). Variability in teacher oral English language assessment
decision-making. Ph.D. dissertation. University of New South Wales,
Australia.
http://unsworks.unsw.edu.au/fapi/datastream/unsworks:51097/SOURCE2?view=true

 

 

小泉利恵科研プロジェクト第2回例会 (共催:日本言語テスト学会)
第52回日本言語テスト学会研究例会

[PDF]

【日時】2021年2月14日(日)午前9時30分から午後4時10分まで

【形態】Zoom上で開催

【テーマ】英語スピーキング評価における採点方法の改善(Part 2)

【使用言語】日本語

【概要】スピーキング評価において、タスク・ルーブリック・採点は特に考慮すべき要素です。本例会では、採点者や採点トレーニングなどの採点方法に焦点を当て、国内の教室内評価や大規模テストを含む様々な文脈においてスピーキング評価に携わる方から運用や課題についてお話を伺い、今後の日本のスピーキング評価について議論します

【定員】300名

【主催】小泉利恵科研プロジェクト(基盤研究(C) 20K00894:「高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成」)
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K00894/

【共催】日本言語テスト学会(http://jlta.ac)

 

【日程】

開会行事:9:30~9:35 開会の辞 中村洋一(清泉女学院短期大学・JLTA副会長)

趣旨説明・講演者紹介  9:35~9:45 小泉利恵(順天堂大学)

講演1:9:45~11:00  大規模スピーキングテストにおける採点の運用と課題

講演者:井上千尋(University of Bedfordshire)

休憩:11:00~11:10

講演2:11:10~12:25  信州英語プロジェクトにおける教室内スピーキングテストと採点者信頼性

講演者:酒井英樹(信州大学)

休憩:12:25~13:15

講演3:13:15~14:30  教室内技能統合型スピーキングテストにおけるルーブリックと採点

講演者:平井明代(筑波大学)・横内裕一郎(弘前大学)

休憩:14:30~14:40

プロジェクト報告1:14:40~15:10  高校の教室内スピーキングテストにおける採点に関する課題

小泉利恵(順天堂大学)・渡邉聡代(栃木県立宇都宮南高校)・初澤晋(宮城県石巻高校)・磯部礼奈(宮城県石巻高校)・松岡京一(宮城県石巻高校)

プロジェクト報告2:15:10~15:40 高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成に向けて

小泉利恵(順天堂大学)・深澤真(琉球大学)・横内裕一郎(弘前大学)・井上千尋(University of Bedfordshire)

全体討議:15:40~16:10

(講演は15分間の質疑応答を含む。全体討議は、10分間Breakout session、20分間は質疑応答の予定)

【参加費】無料

【申し込み】参加を希望される方は、2月4 日(木)までに下記の申し込みフォーム

にてお申し込みください。(定員300名)https://forms.gle/8R4ZrzxwMZrvdEAVA

【問い合わせ先】 深澤真(琉球大学)ves05671@nifty.ne.jp

小泉利恵科研プロジェクト第1回例会 (共催:日本言語テスト学会)
第51回日本言語テスト学会研究例会

[PDF]

【日時】2020年11月22日(日)午前10時から午後5時まで

【形態】Zoom上で開催

【テーマ】英語スピーキング評価における採点方法の改善(Part 1)

【使用言語】英語

【内容】スピーキング評価において、タスク・ルーブリック・採点は特に考慮すべき要素です。本例会では、採点者や採点トレーニングなどの採点方法に焦点を当て、海外の教室内評価や大規模テストを含む様々な文脈においてスピーキング評価に携わる方から運用や課題についてお話を伺い、今後の日本のスピーキング評価について議論します。

【定員】接続の関係で、参加者は先着順150名(原則JLTA枠80名、一般枠70名)に限らせていただきます。

【主催】小泉利恵科研プロジェクト(基盤研究(C) 20K00894:「高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成」)

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K00894/

【共催】日本言語テスト学会(http://jlta.ac)

 

【日程】

開会行事:10:00~10:05 開会の辞 横内裕一郎(弘前大学・JLTA事務局長)

趣旨説明・講演者紹介・プロジェクト報告:10:05~10:45 小泉利恵(順天堂大学)

講演1:10:45~12:00  中国の大規模言語テスティングプログラムにおける発話の採点 Scoring spoken performance in large-scale language testing programs in China

講演者:Jason Fan (University of Melbourne, Australia), Jin Yan (Shanghai Jiao Tong University, China)

休憩:12:00~13:00

講演2:13:00~14:15  ニュージーランドにおける新しい学習者対話型スピーキング技能評価の運用と採点 Implementing and rating a new peer-to-peer assessment of speaking skills in New Zealand

講演者:Martin East (University of Auckland, New Zealand)

休憩:14:15~14:30

講演3:14:30~15:45  香港とオーストラリアにおける教師の採点者トレーニング:異なる文脈で同じ問題か? Teacher ‘rater’ training in Hong Kong and Australia: Different contexts, same problems?

講演者:Chris Davison (University of New South Wales, Australia)

休憩:15:45~16:00

全体討議:16:00~17:00

(講演は15分間の質疑応答を含む)

 

【参加費】無料

【申し込み】参加を希望される方は、11月 14 日(土)までに下記の申し込みフォームにてお申し込みください。(定員150名)https://forms.gle/KFmH9wg4g5TZEq3h7

【問い合わせ先】 深澤真(琉球大学)ves05671@nifty.ne.jp

 

Koizumi Kaken 1st Research Meeting (Jointly organized by Japan Language Testing Association: JLTA)
51st Japan Language Testing Association (JLTA) Research Meeting

Date: November 22 (Sunday), 2020 (10:00-17:00, Japan Time)

Platform: Zoom

Theme: Improving scoring methods in English speaking assessment (Part 1)

Language: English

Abstract: Second language speaking assessment involves a variety of factors, in particular, tasks, rubrics, and scoring. This meeting focuses on scoring methods and invites researchers who are intensively involved with English speaking assessment in various contexts including high-stakes and classroom assessment. We will learn from various practices and challenges in each context and discuss how English speaking assessment should be conducted in Japan.

Capacity: 150 participants (due to Zoom connectivity; 80 for JLTA members; the remaining 70 for non-JLTA members; determined on a first-come, first-served basis)

Host: Rie Koizumi Kaken Project (supported by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) KAKENHI, Grant-in-Aid for Research (C) Grant Number 20K00894; “Development of scoring guidelines for ensuring rater reliability in L2 English classroom speaking assessment at senior high schools in Japan”; https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K00894/)

Co-host: Japan Language Testing Association(http://jlta.ac

 

Schedules

10:00-10:05  Opening ceremony

Greetings from JLTA (Yuichiro Yokouchi, JLTA Secretary General; Hirosaki University, Japan)

10:05-10:45  Introduction to lecturers and project report (Rie Koizumi, Juntendo University, Japan)

10:45-12:00  Scoring spoken performance in large-scale language testing programs in China

Lecturers: Jason Fan (University of Melbourne, Australia), Jin Yan (Shanghai Jiao Tong University, China)

12:00-13:00  Lunch break

13:00-14:15  Implementing and rating a new peer-to-peer assessment of speaking skills in New Zealand

Lecturer: Martin East (University of Auckland, New Zealand)

14:15-14:30  Break

14:30-15:45  Teacher ‘rater’ training in Hong Kong and Australia: Different contexts, same problems?

Lecturer: Chris Davison (University of New South Wales, Australia)

15:45-16:00  Break

16:00-17:00  Discussion

(Lecture time includes a 15-min Q&A session)

Registration fee: Free

Registration: Please register on the following site by November 14 (Saturday). https://forms.gle/KFmH9wg4g5TZEq3h7

Contact information: Makoto Fukazawa (University of the Ryukyus) ves05671@nifty.ne.jp

 

第50回日本言語テスト学会研究例会

[PDF]

【日時】2019年10月19日(土)午後1時から午後5時まで

 

【場所】常葉大学静岡草薙キャンパス A棟3階 A306教室

キャンパスアクセス:https://www.tokoha-u.ac.jp/university/campus/kusanagi/

キャンパスマップ:https://www.tokoha-u.ac.jp/campuslife/map/kusanagi/

 

【テーマ】日本語教育を取り巻く現況と外国人労働者への日本語テスト

 

【概要】入国管理法の改正により新たな在留資格「特定技能」が新設され、「特定技能」では「技能水準」と「日本語能力水準」の試験が課せられるようになりました。これらの新しい試験と政策との関係や外国人就労者・求職者向けのテスト開発の取り組みなどについてお話を伺います。

 

【主催】日本言語テスト学会(http://jlta2016.sakura.ne.jp/)

 

【共催】常葉大学外国語学部

 

【日程】

受付開始:12:30

趣旨説明・講演者紹介:13:00~13:10 坂本勝信(常葉大学)

講  演:13:10~15:10  神吉宇一(武蔵野大学・日本語教育学会副会長)

「入国管理法の改正と外国人の日本語能力評価」

休  憩:15:10~15:30

事例発表:15:30~16:00 内山夕輝(浜松国際交流協会)

「浜松国際交流協会の浜松版日本語コミュニケーション能力評価システムに
おける就労者・求職者向けテストについて(開発の背景、開発に向けての
発想などを中心に)」

調査発表:16:00~16:30  谷誠司(常葉大学)

「特定技能に係る試験の現状調査」

フロアーを交えてのディスカッション:16:30~17:00  坂本勝信(常葉大学・司会進行)

閉会行事:17:00~17:05 閉会の辞 中村洋一(清泉女学院短期大学・JLTA副会長)

 

【参加費】会員、常葉大学卒業生および学生は無料。それ以外の方は500円。

 

【申し込み】 参加を希望される方は、10月 12 日(土)までに下記の申し込みフォーム

にてお申し込みください。(定員60名)https://forms.gle/5BCcFK6Fp8m5kJKv8

事前参加申し込みされていない場合は、当日空きがあればご参加いただけます。

 

【問い合わせ先】 谷誠司(常葉大学) taniseiji@sz.tokoha-u.ac.jp

 

 

 

第49回日本言語テスト学会研究例会

[PDF]

【日時】 2019年7月20日(土)13時00分~16時25分

 

【場所】 中央大学後楽園キャンパス6号館4階6401教室

https://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

 

【テーマ】Rによる成績データ分析入門ワークショップ

 

【概要】学内に蓄積されている数百人、数千人単位の成績データを要約し、例えば学年別、男女別、学部・学科別、教員別などの層別に分析し、視覚化する方法を実習する。

注:ご自身のパソコンをご持参ください。eduroamに加え、学内無線LANが一時利用できる予定です。

 

【講師】小林雄一郎 (日本大学)

http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/141/0014010/profile.html

https://sites.google.com/site/kobayashi0721/

 

【日程】受付開始:12:30

開会行事:13:00~13:05 開会の辞 齋藤英敏(茨城大学、JLTA副会長)

ワークショップ:13:05~16:20(休憩含む)

閉会行事:16:20~16:25 閉会の辞 片桐一彦(専修大学、JLTA事務局次長)

懇親会:17:00~19:00

 

【参加費】 会員および学生は無料。それ以外の方は500円

 

【申込み】 参加を希望される方は、7月13日(土)までに下記の問い合わせフォームにてご連絡ください。https://forms.gle/66JX5Tb6kMBwNcJz7

 

事前参加申し込みされていない場合は、当日空きがあれば参加いただけます。

 

【問合せ】 印南洋(中央大学) innami@tamacc.chuo-u.ac.jp

 

 

第48回日本言語テスト学会研究例会

[48th_research_meeting]

【日時】 2019年3月1日(金)13時00分~16時30分

【場所】 早稲田大学早稲田キャンパス14号館604教室

(https://www.waseda.jp/top/access)

 

【テーマ】 「大学英語ライティング授業における要約作成指導と評価」

英語アカデミック・リテラシーにおいて英文の要約を英語で書く力は不可欠ですが、日本人大学生の要約ライティング力のレベルや特徴に関する研究結果や、評価を教室での指導にどうつなげていけばよいかに関する情報は必ずしも十分ではありません。本研究例会では、日本人大学生を対象とした要約ライティング評価に関する実証研究事例とワークショップを通して、アカデミック・ライティング授業における要約ライティング評価と指導の方向性について参加者の皆様と考えます。(使用言語:日本語)

 

【日程】

受付開始:12:30

開会行事:13:00~13:05

開会の辞 JLTA会長 渡部良典(上智大学)

 

第1部:研究発表 13:05~14:10

1.13:05~13:20 澤木泰代(早稲田大学)

「アカデミック・ライティング授業における要約作成指導と評価の課題」

2.13:20~13:45 澤木泰代(早稲田大学)

「日本人大学生の要約ライティング力~要約内容の評価~」

3. 13:45~14:10 石井雄隆(早稲田大学)

「キー入力記録と刺激再生法を用いた技能統合タスク遂行プロセスの分析」

 

休憩:14:10~14:25

 

第2部:ワークショップ 14:25~16:25

澤木泰代・石井雄隆・太原達朗(早稲田大学)

「分析的尺度を使った要約ライティング評価」

 

閉会行事:16:25

 

懇親会:17:00~19:00

 

【参加費】 会員および学生は無料。それ以外の方は500円

【参加申し込み】 参加を希望される方は、2月26日(火)までに下記の問い合わせフォームにてご連絡ください。

https://goo.gl/forms/j1M3B3PfvHj3fsCx2

【問い合わせ先】 澤木泰代(早稲田大学) ysawaki@waseda.jp

※本研究はJSPS科研費(基盤研究C JP16K02983)の助成を受けたものです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

第47回日本言語テスト学会研究例会

[47th_research_meeting]

日時:2018年7月14日(土)13時00分~16時40分

場所:東洋大学白山キャンパス3号館3504教室

(http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html)

テーマ:「コンピュータ適応型テストの理論と実践」

受付開始:12:30

開会の辞:13:00~13:05

JLTA事務局次長 片桐一彦(専修大学)

 

基調講演1:13:05~14:05

「コンピュータ適応型テスト(CAT)とは」

木村哲夫(新潟青陵大学)

【概要】

CATのルーツを考えるとともに、通常のテストとどう違うのか、どのような手順で開発されるのかについて、数理が苦手な人にも分かってもらえるよう、CATの概要を説明する。あわせて、CATを実施する側からみたCATと、CATを受験者する側からみたCATについて考察する。

 

休憩:14:05~14:20

 

基調講演2:14:20~15:20

「CATはどこに向かうのか?-ダイナミック・アセスメントと認知診断評価の可能性-」

小山由紀江(名古屋工業大学・名誉教授)

【概要】

CATを受験した場合、通常のテストに比べて受験者の達成感が低いという調査結果(Kimura & Koyama, 2016)がある。では、学習者のモーティベーションにつながるCATはどうすれば実現するのか?この問いに対する答えを求め、ダイナミック・アセスメントと認知診断評価をCATに適用する可能性について、関連研究の現状を整理し、今後の方向性を探る。

 

休憩:15:20~15:35

 

基調講演3:15:35~16:35

「CAT語彙テストの開発と有用性の検証-オープンソースプラットフォームconcertoを利用して-」

水本篤(関西大学)

【概要】

CATは項目応答理論を用いて,より少ない問題数でより高い精度の能力測定が可能であることが知られているが,研究者や実践者が自作のCATを開発するには技術的なハードルが高い。そこで,比較的設置が簡単で,オープンソースプラットフォームであるConcertoを利用し,自作のCAT語彙テストを開発した経緯と有用性の検証結果,そして今後の適用可能性などについて報告する。

 

閉会の辞:16:35

研究会運営委員 熊澤孝昭(東洋大学)

 

懇親会:17:30~19:30

※懇親会への参加を希望される方は6月30日(土)までに下記の問い合わせ先までご連絡ください。

その際,お名前,ご所属そしてご連絡先をご記入ください。

 

参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円

問い合わせ先 熊澤孝昭(東洋大学)kumazawa@toyo.jp

 

 

第46回日本言語テスト学会(JLTA)研究例会/第4回中部地区英語教育学会(CELES)近畿地区研究会

無事終了しました。ご協力くださった方、ありがとうございました。

[46th_research_meeting]

主催:日本言語テスト学会/中部地区英語教育学会近畿地区

 

  • 日時:2017年10月28日(土曜日)
  • 場所:桃山学院大学2号館302(CALL-2)教室
  • テーマ:ダイナミック・アセスメント:指導と評価の一体化

日程
受付 12:30-
開会の辞 13:00 JLTA事務局次長 片桐一彦(専修大学)
諸連絡

第1部 13:10-14:40 講演 西本有逸氏(京都教育大学)
演題:「英語教員のためのダイナミック・アセスメント入門」」

第2部 14:55-15:55 ワークショップ 島田勝正(桃山学院大学)
「多肢選択式語彙・文法テスト作成上の留意点」

第3部 16:10-17:40 講演 住 政二郎氏(関西学院大学)
演題:「Computerized Dynamic Assessment (C-DA): Learning Possibility Scoreと指導への応用」

閉会の辞 17:40 CELES近畿地区運営委員 大和隆介(京都産業大学)
懇親会 18:00-20:00 「夢景色」

 

  • 参加費:無料
  • 問い合わせ先:桃山学院大学 島田勝正 0725-54-3131(ext.3727)  email: kshimada@andrew.ac.jp
  • 桃山学院大学へのアクセス http://www.andrew.ac.jp/access/

 

 

45JLTA日本言語テスト学会研究例会

第45回日本言語テスト学会研究例会

[45th_research_meeting]

日時:2017年7月8日(土)13時00分~16時30分
場所:福島大学経済経営学類棟1階106演習室
テーマ:「技能統合型ライティングの実践と評価」
受付開始:12:30
開会の辞:13:00~13:10
事務局次長 横内裕一郎(弘前大学)

基調講演:13:10~14:40
「技能統合型授業におけるライティングの指導と評価―次期学習指導要領に向けて―」
杉田由仁(明治学院大学)
【概要】
2020年度完全実施予定の次期学習指導要領では,「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」が一体的に育成される授業づくりが求められます。本講演では,思考力・判断力・表現力を育む技能統合型の授業づくりや発信力を高める効果的なライティングの指導と評価について具体的に考えていきたいと思います。

休憩:14:40~15:00

研究発表:15:00~15:30, 15:30~16:00, 16:00~16:30
1.「マンガの言語を用いたライティング指導」
安田尚子(会津大学)
【概要】
本報告は,マンガに使われる言語(役割語)の分析を英語の授業に取り入れることで,非英語専攻の大学生への学習動機付けとより効果的な大学英語教育を目指した実践を紹介する。マンガを用いた役割語分析の導入で,学生たちの英語学習動機とライティング課題に使用した語彙や文章表現の変化について報告する。

2. 「TEDとForumを利用した技能統合型の英語教育:投稿語数から見えること」
松浦浩子(福島大学)・宮本節子(兵庫県立大学)
【概要】
SNSを利用した意見交換は,スピーキングとライティングの中間に位置付けられる新しいコミュニケーション形態である。発表では,TEDトークを介して多様な英語や話題に触れながら,Forumに意見を投稿できる学習プラットフォームTEDiscussionとWEnglishesについて紹介した後,意見交換を体験した学習者の投稿パフォーマンスについて,英語力診断テスト,アンケート調査,ログ分析との関連から明らかになった点を報告する。

3. 「日本人学習者向けのRTWタスク評価基準の検討」
久保田恵佑(福島大学大学院生)
【概要】
技能統合型タスクの適切な指導と評価の必要性が高まっている一方で,依然として技能統合型タスクの普及が課題となっている。この原因の1つとして,日本の教育現場における多様な学習者のレベルに適した評価基準が確立していないことが考えられる。そこで本研究では,現在Reading-to-write(RTW)タスクで用いられている評価基準を概観し,各評価基準の使用背景や特徴から,日本でのRTWタスク実施に適した評価基準を検討する。

閉会の辞:16:30
事務局次長 横内裕一郎(弘前大学)

懇親会:17:30~20:00
※懇親会への参加を希望される方は6月30日(金)までに下記の問い合わせ先までメール願います。
その際,お名前,ご所属そしてご連絡先をご記入ください。

参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円
問い合わせ先 髙木修一(福島大学)email: takaki@educ.fukushima-u.ac.jp
詳細情報 http://jlta.ac/

 

The 45th JLTA Research Meeting

July 8, 2017 (Saturday)
Registration from 12:30
Start of the meeting from 13:00
Venue: Fukushima University
Theme: Teaching writing
Keynote speaker: Dr. Yoshihito SUGITA (Meiji Gakuin University)
With three other research presentations

 

 

第44回研究例会

44JLTA日本言語テスト学会研究例会 (PDF)

本研究例会は第169回JACET東アジア英語教育研究会と合同で開催します。

日時:2016年12月10日(土)13時00分~17時30分
場所:西南学院大学東キャンパス大学院棟4階
テーマ:「テスト・データを用いた言語習得研究の可能性と課題」
受付開始:12:30~
開会の辞 事務局次長 片桐一彦(専修大学):13:00-13:10
研究発表(13:10~13:40, 13:50~14:20, 14:30~15:00)
1. 「日本人英語学習者によるtough構文の理解」 伊藤彰浩(西南学院大学)
2. 「副詞の位置と意味の指導:英語教育におけるカートグラフィーの援用可能性」
西村知修(西南学院大学大学院博士後期課程)
3.「プロトコルを用いたC-Testの構成概念的妥当性の検証」
木屋みなみ(福岡大学附属大濠中学校)
休憩・歓談 15:00~15:30
卒業論文発表会(テーマ:「ことばの学習と習得を科学する」)
(15:30~15:50, 15:55~16:15, 16:20~16:40, 16:45~17:05)
4. 「英語を専攻する大学生に対する個人別態度構造分析:学習動機はどこからくるのか」
高山友希(西南学院大学4年)
5. 「難読症学習者にとって識字困難な英単語の特徴:C-Testデータによる分析」
川原 峻(西南学院大学4年)
6.「カタカナ英語の理解における難度決定要因:日本語的要素と英語的要素の関係」
奈須瑞穂(西南学院大学4年)
7. 「教師の英語発音が日本人児童の英語発音に与える影響」
馬場友理奈(西南学院大学4年)
総合討議(17:05~17:30)

閉会の辞(17:30)

懇親会(18:00~20:00)

参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円
問い合わせ先 伊藤彰浩(西南学院大学)email: LTSLA77@hotmail.com

 

過去の研究例会

第43回研究例会

43JLTA日本言語テスト学会研究例会 (PDF)

(*龍谷大学経営学会異文化ビジネスコミュニケーション研究会共催)

ご参加をお待ちしております。 

日時:2016108日(土)13時半~17時半

場所:龍谷大学大阪梅田キャンパス 530-0001 大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14

最寄の交通機関:JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩4

使用言語:日本語・英語(参加者のニーズによって度合いを調整します。)

参加費:無料

Roundtable

テーマ:「グローバル人材育成に対応する言語教育と言語テスト文化」

 

2010年、楽天代表取締役会長兼社長三木谷浩史は「英語ができない役員は2年後にクビにします」と社内英語公用語を宣言し、2012年にはEnglishnizationを実施した。「日本」と「国際」という枠を外すと企業コストを大きく削減できるという。今や、楽天のエンジニア採用の81%は外国人となった。教育機関はこの流れに大きく影響を受け、グローバル人材育成=英語力という構図が出来上がり、その動きにますます拍車がかかっている。1970年代のように、「教養」対「実践」の大局的論争とは異なり、英語力はもはや無視できないのはグローバル時代の現実であろう。本ワークショップでは、「グローバル人材が必要とする英語力とはどのように概念化できるか、また正解を追及する日本のテスト文化を批判的に考察し議論することを目的とする。加えて、グローバル時代に即した言語テスト文化はどのようにあるべきか、またどのように言語教育を評価すべきかを議論する。

 

開会の辞 事務局次長 片桐一彦(専修大学)

コーディネータ  龍谷大学経営学教授 李洙任

研究テーマ:「他者への共感力を高める英語教育:学習者の積極的関与を目指して」

パネリスト1.  Lisa Rogers 同志社女子大准教授

研究テーマ:「Diversity Factors in Leadership」

パネリスト2.  Chisato Morohashi Straumann 諸橋・シュトラウマン・千里

Intercultural Educator, Trainer, Consultant & Coach

研究テーマ:「日本企業対象に異文化経営のコーチング、EUでの言語政策」

パネリスト3.大野邦夫 モナビITコンサルティング・研究部門長

研究テーマ:「人材育成における多様性の重要さ~ コンピュータ技術者の視点から ~」

閉会の辞

 

問い合わせ先
李 洙任(龍谷大学)
lee@biz.ryukoku.ac.jp

 

第42回研究例会

盛会のうちに終了しました。ご関係の方々、ありがとうございました。

1)テーマ「多様な日本語環境にある日本語使用者のための会話能力評価―地域外国人にも注目してー」
2)日時 2015年10月24日(土) 13:00~17:00
3)場所 常葉大学静岡キャンパス瀬名校舎
4)プログラム
12:30~ 【受付】
13:00~14:15 【基調講演】
鎌田 修先生(南山大学)「日本語会話能力テストの研究と開発:国内外の教育環境及び多文化地域社会を対象に」
14:15~14:30 【休憩】
14:30~16:00 【事例研究】
1.内山 夕輝先生(浜松市外国人学習支援センター[U-ToC・ユートック])「浜松版日本語コミュニケーション能力評価システム」
2.入江 友理先生(名古屋大学とよた日本語学習支援システム)「とよた日本語能力判定」
16:00~16:15 【休憩】
16:15~17:00 【フロアを交えたディスカッション】
5)参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円
6)問い合わせ先 谷 誠司(常葉大学)