第47回日本言語テスト学会研究例会 7月14日

日時:2018年7月14日(土)13時00分~16時40分

場所:東洋大学白山キャンパス3号館3504教室(http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html)

テーマ:「コンピュータ適応型テストの理論と実践」

受付開始:12:30

開会の辞:13:00~13:05

研究会運営委員 熊澤孝昭(東洋大学)

 

基調講演1:13:05~14:05

「コンピュータ適応型テスト(CAT)とは」

木村哲夫(新潟青陵大学)

【概要】

CATのルーツを考えるとともに、通常のテストとどう違うのか、どのような手順で開発されるのかについて、数理が苦手な人にも分かってもらえるよう、CATの概要を説明する。あわせて、CATを実施する側からみたCATと、CATを受験者する側からみたCATについて考察する。

 

休憩:14:05~14:20

 

基調講演2:14:20~15:20

「CATはどこに向かうのか?-ダイナミック・アセスメントと認知診断評価の可能性-」

小山由紀江(名古屋工業大学・名誉教授)

 

【概要】

CATを受験した場合、通常のテストに比べて受験者の達成感が低いという調査結果(Kimura & Koyama, 2016)がある。では、学習者のモーティベーションにつながるCATはどうすれば実現するのか?この問いに対する答えを求め、ダイナミック・アセスメントと認知診断評価をCATに適用する可能性について、関連研究の現状を整理し、今後の方向性を探る。

 

休憩:15:20~15:35

 

基調講演3:15:35~16:35

「CAT語彙テストの開発と有用性の検証-オープンソースプラットフォームconcertoを利用して-」

水本篤(関西大学)

【概要】

CATは項目応答理論を用いて,より少ない問題数でより高い精度の能力測定が可能であることが知られているが,研究者や実践者が自作のCATを開発するには技術的なハードルが高い。そこで,比較的設置が簡単で,オープンソースプラットフォームであるConcertoを利用し,自作のCAT語彙テストを開発した経緯と有用性の検証結果,そして今後の適用可能性などについて報告する。

 

閉会の辞:16:35

研究会運営委員 熊澤孝昭(東洋大学)

 

懇親会:17:30~19:30

※懇親会への参加を希望される方は6月30日(土)までに下記の問い合わせ先までご連絡ください。

その際,お名前,ご所属そしてご連絡先をご記入ください。

 

参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円

問い合わせ先 熊澤孝昭(東洋大学)kumazawa@toyo.jp

第42回研究例会

盛会のうちに終了しました。ご関係の方々、ありがとうございました。

1)テーマ「多様な日本語環境にある日本語使用者のための会話能力評価―地域外国人にも注目してー」
2)日時 2015年10月24日(土) 13:00~17:00
3)場所 常葉大学静岡キャンパス瀬名校舎
4)プログラム
12:30~ 【受付】
13:00~14:15 【基調講演】
鎌田 修先生(南山大学)「日本語会話能力テストの研究と開発:国内外の教育環境及び多文化地域社会を対象に」
14:15~14:30 【休憩】
14:30~16:00 【事例研究】
1.内山 夕輝先生(浜松市外国人学習支援センター[U-ToC・ユートック])「浜松版日本語コミュニケーション能力評価システム」
2.入江 友理先生(名古屋大学とよた日本語学習支援システム)「とよた日本語能力判定」
16:00~16:15 【休憩】
16:15~17:00 【フロアを交えたディスカッション】
5)参加費 会員および学生は無料。それ以外の方は500円
6)問い合わせ先 谷 誠司(常葉大学)